食洗機のおすすめポイントについて

住宅設備というのは毎日使うため、こだわって選ぶのが非常に重要だと言われています。逆に、適当に選んでしまったがばかりに毎日ストレスを感じるリスクがあるということを忘れてはいけません。では、食洗機を選ぶ際のおすすめポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

種類について

食洗機の選び方で必要なのは、そのメリットについて詳しく知ることです。例えば、スライドオープンタイプの場合食器の出し入れをする際の姿勢が楽だということが挙げられます。また、フロントオープンタイプに比べて節水性が高いので地球環境にも優しいという特徴を持っているのです。開け切らなくても食器を出し入れ出来る他、洗剤のタイプを選びません。下段に収納を設置することも出来るほか、商品バリエーションが豊富であることもおすすめポイントとして挙げられています。

一方、フロントオープンタイプの場合には容量が大きいという特徴を持っています。上下にそれぞれノズルが付いているため、気になるという人にはうってつけの仕様となっているのです。上段、下段の使い分けがしやすいため、食洗機からすぐに食器を使いたいというときには重宝します。しかし、腰に負担がかかりやすいため、動作に不安があるという人には注意が必要です。

庫内容量について

スライドオープンタイプのビルドイン食洗機にはディープタイプとミドルタイプがあります。ディープタイプは庫内容量が大きいのでミドルタイプよりもたくさん食器を収納出来たり大きなお鍋やフライパンを入れて洗うことが出来るというメリットを持っているのです。大体、ディープタイプは3人以上の家庭で使用することを想定しており、それ以下の場合にはミドルタイプがおすすめだと言われています。

また、ミドルタイプからミドルタイプへ買い替えをしたという時にはカゴの位置がやや高くなっていることもあるため、場合によっては小さくなったように感じる人も少なくありません。そのため、現在よりも庫内容量が少なくなるのは困るという人や、絶対に同じ庫内容量は確保したいという人はディープタイプのものを交換するのが良いと言われています。

生活の形によって選ぼう

食洗機にはスライドオープンタイプとフロントオープンタイプの2種類があり、それぞれに特徴があるため自分たちの生活にあったものを選ぶと良いでしょう。スライドオープンタイプは腰に負担がかかりにくい設計になっているほか、節水機能が高く商品バリエーションが豊かという特徴を持っています。フロントオープンタイプは庫内容量が広いため、どちらも一長一短です。

スライドオープンタイプを選んだ場合、広いディープタイプとコンパクトなミドルタイプを選ぶことが出来ます。3人以上の家族ならばディープタイプがおすすめです。また、ミドルタイプの買い替えをする場合、最新の食洗機はカゴの位置が高くなっているため若干小さく感じるという口コミもあります。そのため、購入の際にはディープタイプを検討しておくのも一つの案です。

企業

前の記事

藤栄住宅設備機器について